最悪だった美容室体験談part2

前回に引き続き、最低ですね〜。part2をどうぞ!

根掘り葉掘り聞いてくる人

ある美容室に行ったところ、初めての来店でどんな方が担当になるのだろうと思っていたら同い年くらいのお姉さんが担当になりました。

はじめは年が近いこともあり、普通に世間話をして楽しく過ごして居ました。

しかし、恋愛の話を振られ「彼氏いるんですか?」と聞かれましたが、その時の私は付き合っていた彼氏にひどい裏切りを受け、別れた直後だったため「居たんですけど、別れたばかりなんです」とこれ以上触れないで欲しいという雰囲気を出しながら伝えました。

しかし、その後何度も「何が原因だったんですか?どうしてそうなったんですか?」と次から次へと質問されました。

わたしは、触れて欲しくないということをはっきり伝えようと「まだ気持ちの整理できてないので、彼氏のことは思い出したくないんです」と伝えましたが「こういう時は、全部話してスッキリしましょうよ!」と言われなんだか尋問されている気持ちになりました。

デリケートな問題なので、そっとしておいてほしかったです。

私の嫌だった店員さん

金欠だったため、安くカラーとカットができる美容室を探していました。見つけた所の口コミなどもなかったため、行くまで不安でしたが、安いしいいやという気持ちで行ったのですが。

まずはじめの印象が最悪。超無愛想。

そして、40〜50代が見るような洋服の雑誌を持ってきました!

私は20代なのに、失礼だと思いました。

気を使ってか、ちょくちょく話しかけてきたのですが、全然会話が続かず。

疲れてきたので雑誌を読んでおこうとしているのに、ずっと話しかけてきました。

まだ美容師になって半年ぐらいらしく、それなのにチェックもされずにカラーが終わりました。

カットはお店の店長さんがしてくれたのでよかったのですが、カラーは所々まだらになっていて最悪でした。

もう二度と行かないと思った美容室でした。

男性美容師さん

初めて行く美容院では、どんな美容師さんかな?とドキドキして行きます。

人見知りな私は、なるべく馴れ馴れしい美容師さんじゃないといいなと思いながら行きます。

ある初めて行く美容院で、担当してくれたのは男性美容師さんでした。

最初は自己紹介や自分のイメージを伝えて会話をしていたのですが、だんだん世間話が増えてきました。

私は、人見知りということもあり、相づちばかりだったのですが、その美容師はぐいぐい話してきて少しうんざりしました。それでも、顔に出さないように笑顔をキープしていました。

その時、そっくりな親子が入店してきて、それをこっそり伝えたかったのか、耳元で囁かれました。

それが嫌すぎて笑顔のキープも相づちも出来なくなってしまいました。

それがトラウマになり、それ以降美容院に行く時は、男性美容師さんではない人をお願いするようになりました。

勝手な想像

美容室でいつもの担当の人がいなかったので、別の男性にカットしてもらいました。

すごくなれなれしいと言うか会話を膨らませようと頑張っているのかどちらかわかりませんが、美容師の質問に答える度に、勝手な想像を膨らませて、更に勝手な想像に対する同意を求めてくる会話が繰り返されました。

会話も弾まないばかりか、会話の内容が男女の恋愛に関する物だったので、性別の違いや立場や物の捉え方が違い、私は少し馬鹿にされた様に感じていたので不愉快な思いをしていましたが、それに全く気がついた様子がなく、すごく楽しそうに会話をされていました。

私は途中で美容師を変えてもらうわけにもいかず、我慢をして話を合わせたり、いつも以上に疲れてしまいました。

接客と技術とプラスαが必要

接客もよく、技術もよくて価格もやすくてとてもいい美容院だったのですが、掃除が行き届いてないなぁと思う箇所が沢山ありました。

朝一に行ったので、お客様は私一人。

案内された席には前の人(前日?)のヘアゴムが置いたままになっていました。

そして細かい髪の毛が机にたくさんついたままで、入った早々少し残念な気持ちになりました。

そして、シャンプーをして貰う際、顔にかけるタオル?がとても分厚く、今までそんなぶ厚めなタオルを載せられたことがなかったので、驚きました。

普通は薄いタオルかガーゼなどだと思います。

その後、シャンプーの間中、顔にかかっているタオルで息苦しくなってきました。美容院のシャンプーはただでさえ、首が痛くなりやすかったり、長時間過ごすにはしんどい席なので、シャンプーの時はもう少し配慮が必要だなぁと思いました。

 

コメント